引越しは最低でも1ヶ月前から準備することが大切

引越し代金を安くするには、とにかく早めに行動することが大切です。多くの人は、最低でも1ヶ月前から引越しに向けた何らかの行動を取っています。単身や家族の人数によっても変わりますが、単身の場合であれば自分ひとりしかいないため、平日は時間がとれず、休日などに手続きを取れないなどの理由でズルズルとしてしまいがちです。家族の場合は非常に荷物が多いため、なかなか引越し作業がはかどらないという問題もありますね。

引越し見積りの申し込みタイミングが遅いと足元を見られることもある

引越し見積りのタイミングが、引越ししたい日の例えば1週間前など、余裕がない場合は引越し会社も値引きにあまり応じてくれない可能性があります。交渉などをする時間がないため、値引きしなくても申しこまざるを得ないだろうという思いがあるためです。相手も商売ですから仕方の無いことですが、なるべくそういったリスクを避ける意味でも早めに見積りを取っておくことが賢明ですね。

特に、長距離の引越しなどでそんな状況になると最悪。予定を合わせるのも難しくなってくることから、トラックをチャーターしないといけなくなり、5万円で引越しできるところが10万円という金額になってしまうことも珍しくありません。

引越し料金の全国ナビでも紹介されていますが、距離や荷物量によって引越し代金は大きく変わることが分かると思います。荷物量が多くて、関東から九州へ引越さないといけない・・・・。という場合の引越しであれば、最低でも1ヶ月前には引越し会社に相談をしておきましょう。数社に見積りを出してもらうことで、意外と安く引越しできたりすることもあります。

金額を安くしたいなら時間指定の無いフリー便などもおすすめ

引越し代金が会社負担ではない場合、自分たちのお金でなんとかしないといけません。(当たり前ですが)会社からの転勤命令の引越しであれば、多くの企業が引越し代を全額、あるいは何割かを負担するという仕組みになっているようですが、そうでない場合や、自分たちの都合での引越しだと大変です。

4人家族で移り住む場合などは、近場でも平気で10万円オーバーする事例が多いので手痛い出費ですよね??

そんな場合に注意したいのが、チャーター便でなく混載便を選ぶということ。さらに平日の時間指定なしなどの条件にすれば、引越し代金を下げることが可能です。反対に一番高いのが、チャーター便で休日の午前指定便など。

月末という条件が加われば、多くの予約がある分引越し会社もそう簡単に値下げしないでしょう。

平日の時間指定なし、月の中旬などであれば、多くの引越し会社で3割〜4割の値引きサービスなどをしていることが多いので、なるべくそれらの条件に当てはまる日程を選ぶことが大切です。近場であれば有給を取るなどして1日で引越しを終わらせてしまうという選択が金額を安くするのにオススメですよ。